俺とお前は違うと横顔が物語る

たとえば、何もわからないエイリアンに「研究家」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「マジシャン」の成り立ちとか、ううん、そもそも地球や世界についての説明からする?
  • HOME

風の無い平日の夕暮れに歩いてみる

暑い季節は生ビールがものすごくおいしいけれど、ここ最近少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、いくらでも飲めたのに、年とともに次の日に残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はめちゃめちゃあこがれ、行くのがとても楽しみだったけれど、会社のつきあいであきるほど行って、自分のイメージの中では、今では、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関係でものすごく久々にビアガーデンに行った。
ものすごく久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってとっても飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

怒って跳ねる彼と読みかけの本
ツアーでも仕事としてでも、韓国への渡航回数が多い。
なじみがあるのは、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、特に女の人は韓国コスメや服など興味を持っている人も多いだろう。
韓国の人見た目へのこだわり、つまり自分磨きに関しての情熱は強い。
就職活動や、パートナー探しの際に、日本よりも露骨に判断されるシーンが多々ある。
よって、韓国で販売されるスキンケアなど、成分が日本製より多く含まれている。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待できるのではないだろうか。

気どりながら熱弁する家族と電子レンジ

ひえしょうになってからは、いくらかしんどいけれど、どう考えても真冬が恋しい。
空気が乾燥しているからか、パリッとした香り、それに加えてヒーターのぬくもり。
寒さの中の日差しって豪華な気になれるし、レフを持って行った、早朝の海もいい感じ。
季節の空気を撮る場合は、一眼レフもいいけれど、トイカメラで思いっきり撮りまくる方がなかなか味のある一枚が見つかる。

雨が降る月曜の午前に友人と
今日この頃まで完全に知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものが売っていた。
都会では、プール用オムツをはいて入れることろと入れない所があり、場所によって違うらしい。
むろん、プールに入っている人から見れば、水遊び用でもおしっこなど含んでいるオムツで水に入られたら、いやだろう。
だけど、しかし、親だったら、プールにいれてあげたいと考えてしまう。
けれども、立場が逆だったらものすごくいやだ。

自信を持って話すあなたと月夜

ちかちゃんの彼であるSさんの働く食品会社で、毎回梅干しを買っている。
酔うと電話をくれるSさんの社内SEのEくんという若者は、まったく話がかみ合ったことがない。
ノンアルの時の彼は、結構な人見知りが激しいようで、そんなにいっぱい返答してくれない。
そんな感じで、一回もEくんと満足いくくらいトークをしたことがない。

どんよりした休日の夕方は食事を
あまり肉があまり好きではないおかずは自然と魚類が主流になる。
となると、この季節の、土用の丑の日の鰻は、私にとっての行事だ。
東の方でウナギを開くときには、背開きという習慣が現在も続いている。
なんでかと言うと、かつて武士社会なので、腹開きは切腹につながってしまい、縁起が悪いため。
それに対して、大阪あたりで開かれるうなぎには、腹開きである事が習わし。
理由は、関西地方は商売の所なので腹を割って話そうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によっては良くない場合も。
理由は、関西地方は商売の所なので腹を割って話そうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、場合によっては良くない場合も。
上記の雑学は、観光バス会社で働いていた時に、毎回、観光客に話していた話です。
東京駅から乗り込みして、静岡の沼津のうなぎを食べに向かおうという内容。

無我夢中で体操するあの人と枯れた森

去年の夏の真っただ中、クーラーの効いた部屋の中で冷たい飲み物だけ飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、冷やすことが必須だと思ったからだ。
クーラーの効いた部屋の中で、キャミソール、さらにレモンティーにアイスコーヒーなど。
なので、快適だと思っていた夏。
だけど、次の冬、例年よりもかなり寒さを感じることが増加した。
外に出る仕事が増えたこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという状態。
なので、たぶん、猛暑の中の水分摂取は寒い時期の冷えにもつながると考えられる。
多く栄養を摂取し、偏りの少ない食生活を心がけるのが一番だと思う。

風の強い月曜の深夜に足を伸ばして
ちょっと前、番組で、マックのチキンナゲットの味を再現するレシピというふうに流していた。
ものすごく似ていそうだと考えて、妻に調理してもらったが、マクドのナゲットの食感では絶対にないけれどおいしかったです。
味わってみたら衣が心なしか固かったけれど、中身は、チキンといえばチキンなんだから、俺の舌では、ちょっとの違いは何とも思わずすごくうまかったです。

息絶え絶えで泳ぐ姉妹と読みかけの本

太宰治の、斜陽は、絶え間なく読みたくなると思う。
戦争が終わるまでは旧華族の娘だったかず子が、根強くて負けない女性に変貌する。
そこそこかっこいいとさえ思ってしまった私。
この人のように、誰にも恐れない気の強さと、強引なくらいの意志が戦争が終わったこの頃は必要不可欠だったのだろう。
だけど、不倫相手の作家の奥さんからすると大迷惑だろうと思う。

風の無い水曜の晩は座ったままで
最近は、漁港に釣りに道具を持っていってない。
毎日たいそう激務で行けないのもあるが、しかし、非常に暑すぎるので、釣りに行きにくいのもあることはある。
加えて、通りがかりでよく行く場所を見学しても魚をあげている気配が全然ないから、釣りに出かけたいとは思えない。
たいそう多く見えていたら行きたくなるだろうな。

Copyright (C) 2015 俺とお前は違うと横顔が物語る All Rights Reserved.

Page Top